Eusteralis yatabeana (Makino) Murata

ミズトラノオ

2014 年 9 月

日当たりのよい湿地に生育する多年草で、播磨地域はため池の湿地に見られます。細長い地下茎により群生し、地上茎は軟らかく下部は這い、直立した茎はほとんど分枝せず、高さ3050㎝になります。葉は線形で35個が輪生し、長さ37㎝、幅27㎜です。花は810月ごろ茎頂に小さな花が密に集まった花穂をつくります。花色は淡紅色で、突き出た雄ずいを含めると長さ7~8㎜で一花は小さいのですが、密生した花穂は美しいものです。分布は本州、四国、九州、朝鮮で、全国的に生育地の少ない植物で、兵庫県でも記録は但馬や丹波、播磨地域に点在する程度(福岡ほか:兵庫県産維管束植物6)で、現在見られるところは加西市や三木市などわずかです。兵庫県版レッドデータブック2010のBランク、近畿版レッドデータブック2001のAランク、日本の絶滅のおそれのある野生生物第4次レッドリストはVUランクに位置します。類似種にミズネコノオ(Eusteralis stellata (Lour.) Murata)があります。生育環境は田んぼや湿地ですが、ミズトラノオとの違いは本種は一年草で、茎の中央部から多数の枝を出すことです。葉は線形の3~6個が輪生し、長さ2~6㎝、幅2~4㎜です。花は8~10月ごろに枝の先に密生した花穂をつけます。ミズトラノオ同様、ほとんど見ることができない植物で、兵庫県では加西市や丹波に生育地がある程度です。兵庫県版レッドデータブック2010のBランク、近畿版レッドデータブック2001の準ランク、日本の絶滅のおそれのある野生生物第4次レッドリストはNTランクに位置する植物です。