Eleocharis acutangula ( Roxb.) Schult.
 

 

ミスミイ

2014 年 9 月

池沼やため池など、日当たりのよい浅瀬に生育する水草で、多年草の抽水植物です。地下茎は長く這い、多数の稈を出します。稈は黄緑色で高さ4080㎝、幅2.54㎜、鋭い三稜形で内部によこの仕切りがなく中実です。和名は三隅藺で、稈の三稜形から来ています。花は710月ごろ稈の先端につき、円柱形で先は尖ります。根に根粒状の塊ができることも特徴とされます(角野)。稈の断面が三角形をした抽水植物はカンガレイ(Schoenoplectus triangulatus (Roxb.) Sojak)やサンカクイ(Schoenoplectus triqueter (L.) Palla)、シズイ(Schoenoplectus nipponicus (Makino) Sojak)などがありますが、先端に穂をつけるのは本種だけです。類似種のクログワイ(Eleocharis kuroguwai Ohwi)は稈の先端に穂をつけますが、稈が円筒形、中空で内部は多数の隔膜で仕切られています。

ミスミイの分布は本州(関東以西)、四国、九州、沖縄で、国外は中国からインド、オーストラリア、熱帯アメリカと広域ですが、国内の生育地は少なく、兵庫県での記録は東播磨(福岡ほか:兵庫県産維管束植物11)で、現在見られるところは加東市の一部だけかもしれません。兵庫県版レッドデータブック2010Aランク、近畿版レッドデータブック2001Aランク、日本の絶滅のおそれのある野生生物第4次レッドリストはENランクに位置します。