Herminium lanceum (Thunb.) Vuijk var. longicrure (Wright) Hara

ムカゴソウ
 

2015 年 6 月

丘陵地やため池土手のやや湿った草地に生育する多年草です。地下に2個の楕円球状の根があり、そこから茎が出ます。茎はやや細く、直立して高さ20~45㎝、中部に3枚程度の葉を互生します。葉は線形~広線形で鋭尖頭、長さ8~20㎝、幅5~10㎜で基部は茎を抱きます。花は6~8月に長さ5~15㎝の穂に淡緑色の小花を密につけます。花弁は2㎜程で線状披針形、唇弁は下垂して長さ6~8㎜で中央まで3裂し、側裂片は線形で長く、中裂片は突起状で非常に短く、距はありません。兵庫県版レッドデータブック2010の Bランク、近畿版レッドデータブック2001のAランク、日本の絶滅のおそれのある野生生物第4次レッドリストはENランクに位置する非常に希少な種類です。当地域では凝灰岩が露出する丘陵地で、イシモチソウやイガクサなどに混じって生育しています。分布は北海道西南部、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、台湾、中国です。和名は地中の多肉根をむかごに見立てたところからです。