「チユウキンレン」は中国の雲南省の原産の中国名で「地湧金蓮」(チユウキンレン)、地面から現れる金色のハスと云う意味を持つ花です。約300日、花が咲き続けると言われる貴重な花が開花しました。

バショウ科のムセラ属に分類され、学名を「ムセラ・ラシオカルパ」といい、バショウやバナナを含むバショウ属に近い大型の多年草です。

開花予想期間

令和元年11月23日(土曜)~約半年(見込み)

開花場所

市立手柄山温室植物園(姫路市手柄93番地)、展示会場

イメージ画像

チユウキンレン花アップ

チユウキンレン花アップ

チユウキンレン全体

チユウキンレン全体

問合せ先

姫路市立手柄山温室植物園(管理・運営:一般財団法人 姫路市まちづくり振興機構)

℡.(079)296-4300

開園時間

午前9時から午後5時まで(入園は午後4時30分まで)

休園日

毎週金曜日(休日のときはその前日)

入園料

大人210円、6歳から中学生100円

なお30人以上の団体は、大人170円、6歳から中学生50円に割引します。

資料閲覧に必要なソフトウェアについて 閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のリンクから無料でダウンロードすることができます。
■ PDF形式 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。 Acrobat Readerダウンロードページ