姫路市蝶ジャコウアゲハの食草「ウマノスズクサ」の実(種)が初めて成りました!

展示期間

平成29年11月14日(火曜)~。金曜休園

展示内容

当園では、姫路市蝶ジャコウアゲハの食草・ウマノスズクサの栽培について2008年(平成20年)から取り組んでおり、この度10年目にして初めて実が成りました。

ウマノスズクサの花の受粉の構造は雌性先熟のため、自家受粉を排する機能になっており、滅多に受粉しません。また、河川の堤防などに自生していることが多く、ほとんどは開花する前に草刈りや、ジャコウアゲハの幼虫が食べてしまう為と考えられています。

手柄山温室植物園で結実したウマノスズクサの実は8月初旬から大きくなりはじめ、約3週間程で約4cmまで大きく成長しました。現在までジャコウアゲハの幼虫に食べられないように隔離をしていましたが、ジャコウアゲハの産卵時期が終了(※食べられる恐れが無いため)したので、初の展示の運びとなりました。

ウマノスズクサの実が成る条件はまだはっきりと分かっておらず、来年も結実するかどうかはわかりません。ぜひこの機会に多くの方に見て頂きたいと思います。

開園時間

午前9時から午後5時まで(入園時間は午後4時30分まで)

休園日

毎週金曜日(休日のときはその前日)

入園料

大人200円、6歳から中学生100円(30人以上の団体は大人160円 6歳から中学生50円)

記者発表資料

画像及び資料イメージは、下のPDFデータでご確認ください

記者発表資料(ウマノスズクサの実)

資料閲覧に必要なソフトウェアについて 閲覧ソフトをお持ちでない場合は、下記のリンクから無料でダウンロードすることができます。
■ PDF形式 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。 Acrobat Readerダウンロードページ
■ ワード形式 ワード形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するWord Viewerが必要です。 Word Viewerダウンロードページ
■ エクセル形式 エクセル形式のファイルをご覧いただく場合には、Microsoft社が提供するExcel Viewerが 必要です。 Excel Viewerダウンロードページ